夏の肌ダメージ、アフターケアは「保湿」がポイント

紫外線によるダメージはエーシェルで内側から、肌表面は「保湿」 でアフターケアを!

夏の強い紫外線やエアコンによる乾燥などにより、今の肌はかなりダメージを受けているはず。そのアフターケアとして特に重要なのが「保湿」です。肌のうるおいバリアをケアし、適度な水分量を保つためにも保湿中心のスキンケアを行いましょう。

まずは化粧水をハンドプレスで

化粧水で肌をうるおすことは大切ですが、化粧水をたくさんつけるほど多く浸透する、というわけではないのでつけ過ぎはNGです。

洗顔の後、適量を手に取り、顔全体に優しくハンドプレスでなじませましょう。パッティングなどによって刺激や摩擦をおこさないようご注意を。

「ちょっと多いかな?」を目安に乳液・クリームを

化粧水で肌を整えた後は、乳液やクリームを使って肌の水分をキープ。

オイリー肌やニキビ肌の人は「油分は必要ない」と思いがちですが、油分を使ってお肌にふたをしないと、水分が蒸発して肌の水分量が不足してしまいます。

クリームの適量は、塗った後にティッシュペーパーがペタっと付着するくらいが目安。

顔のパーツの中では、鼻から下の方が水分が失われやすいことがわかっていますので、重点的にしっかりケアしましょう。

シートマスクの効果的な使い方

保湿のスペシャルケアといえばシートマスク。
せっかく使うならただ貼るよりも、しっかり効果的に使いたいですよね。

お風呂上がりの毛穴が開いた状態で

お風呂上がりは毛穴が開いているため、シートマスクをつけるベストタイミング。余分な水分を軽く拭き取り、直接肌にのせていきましょう。

お風呂上がり以外で使用するときは、蒸しタオルパックなどで毛穴を開かせてからはじめましょう。

ブースター(導入美容液)をつけておく

洗顔後、ダイレクトにシートマスクをつけてもOKですが、より浸透を高めたいならブースターを肌全体に塗布してからの方が効果的。美容成分の受け入れ態勢を整えておくイメージです。

 

全種類ヒアルロン酸配合 Ampoule Mask

弊社で好評販売中のプロフェッショナル用フェイスマスク「Ampoule Mask」もおすすめです!

お得なポイント交換でのご購入はinfo@andyou.asiaまでご連絡ください♪