「回数&方法決めない洗顔」で肌力を底上げ!

マスク荒れや肌不調に悩みながらも、いつもと同じような洗顔をしていませんか?原因は過度の洗顔かもしれません。今だからこそ、いつもの洗顔の見直しを!

実は顔を洗いすぎてませんか??

洗顔は肌のコンディションを保つのに大切な習慣ですが、洗いすぎてしまうと肌の潤い成分まで流してしまい、反って逆効果になることがあります。
もし、以下の症状がある場合は、洗いすぎの可能性も!?

肌の潤い成分まで洗い流してしまうと、乾燥して皮脂を出そうとします。
皮脂の分泌量が増えると、肌が脂っぽくなり、てかりやメイク崩れの原因になることも。
また皮脂分泌が過剰になることで、毛穴も目立ちやすくなります。

大切なのは肌の見極め!?

ご自身にあった洗顔の回数や方法を見つけましょう
季節や体調、生理周期やストレス、食事など、肌の調子は様々な要因により変化します。自分の素肌と会話するように、ご自分にあった方法を見つけましょう。

肌タイプ別、お勧めの洗顔法

【乾燥肌】洗いすぎに注意して、潤いキープ。

夜はW洗顔のいらないメイク落としを使ったり、朝はぬるま湯またはのあと水で洗うなど、寝ている間に出た皮脂や汗を流す程度で十分かも知れません。

【敏感肌】肌に刺激を与えすぎないように注意。

乾燥肌の方と同じく洗いすぎは注意。肌に優しいタイプの洗顔料やお化粧品を選びましょう。

【アブラ肌】皮脂を落とした後は、十分な保湿を。

是非、ご自身のお肌に合うケアを探求してみて下さい!皮脂を取りすぎることで乾燥し、余計に皮脂が出ている可能性も・・・。
洗顔で皮脂を落とした後は、十分すぎるくらいに水分を与えましょう。