シミはなぜ同じ場所に再発するの?シミと血管の意外な関係

美容医療レーザーでも7割の人にシミが再発

2020年に大手化粧品メーカーが行ったシミ調査によると、美容医療レーザーによるシミ治療を受けた人のうち約7割の人が治療後にシミが再発したという回答しています。

 

なぜ同じ場所にシミが再発するの?

また、同メーカーの、肌内部を可視化する最新の観察技術によって「シミ部位の血管密度が高いシミほど、レーザーを当てても色素沈着が改善しにくい傾向がある」ということが分かりました。たとえ美容医療レーザーで治療しても、「血管に異常があるとシミは消えにくい」といえます。

 

「血管の密度が高い」ってどういうこと?

血管の密度が高いというのは「血管がエラーを起こしている状態」のことです。シミ部位の血管はたくさん枝分かれしており、その周りは微弱な炎症状態になっています。
血管エラーを招く要因としては「紫外線の刺激」や「ウキロナーゼ」という酵素が活性化し、メラニンの過剰生成を引き起こすため、シミがさらに悪化することなどが挙げられます。
つまり血管もいわば細胞のひとつですので、シミ再発抑制のためには、細胞レベルでのエラー修復を行うことが非常に大切なのです。