春の紫外線量は真夏並みの注意が必要!?春こそ徹底したい紫外線対策

徐々に暖かくなり始めるこの時期、気になるのが紫外線です。本格的に日差しが強くなるまではまだ平気なのでは、といった油断は禁物。紫外線量が多くなる春だからこそ、紫外線対策のポイントをご紹介します。

UVAとは?

紫外線の中でももっとも波長が長く、雲や窓ガラスも透過して肌にも到達するため、生活紫外線とも呼ばれます。じわじわと肌の奥の真皮まで侵入し、肌のハリや弾力を失わせる原因になります。

 

UVBとは?

真夏にもっとも量が多くなり、、波長が短く肌への作用が強いため表皮細胞やDNAを傷付けるなどの肌への作用が大きいのが特徴。短時間でも肌の表面にダメージを与えシミ・そばかすの原因になります。

特にUVBは真夏に最も量が多くなりますが、UVAは春に一気に増え、真夏の量とほとんど変わらないと言われています。そのため春の紫外線対策は必須というわけなのです。

 

紫外線が及ぼす肌への影響

UVAが真皮層に到達し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞を破壊します。
強いUVBの刺激によりメラニンが過剰に生成されると、シミやソバカスの原因となります。

 

日焼け止めのPAとは?

PAは数値ではなく、プラスの数で防止効果が表されているのが特徴です。日焼け止めに表示されている「PA」とは
Protection grade of UVAの略。UVAの防止効果を示すものです。

日常生活では「+~++」、屋外での軽いレジャーなどは「+++」、長時間日光に当たるとき、炎天下でのレジャーは「++++」が目安といわれています。

 

春の紫外線対策のポイントは?

日焼け止めを購入する際、「SPF」の数値を気にする人も多いですが、春にかけてはシワやたるみの原因になるUVAの量が急増する時季。UVA防止効果を表すPA値に注目して日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

 

紫外線対策は外側、内側からのダブルケアで

一般的に紫外線を浴びた肌には、抗酸化作用をもつビタミンを取り入れることで、シミやソバカス、肌老化などの予防が期待されます。中でもビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの栄養素は抗酸化作業が非常に強く、合わせて摂ることで相互作用によりさらに効果が期待できます。ぜひ上手に食事に取り入れてみてください。