• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

長引くマスク生活、フェイスラインのたるみが目立ってきていませんか?

今は「ほぼ終日マスクをしている」という方も少なくないと思いますが、マスクを外した時、ドキッとしたことはありませんか?半年前の写真と比べると、顔のたるみが違うような気がする、なんて事も。

そこで今回は今すぐできる簡単なリフトアップ方法をいくつかご紹介します。たるみが定着する前に、早速トライしてみましょう!

今は「ほぼ終日マスクをしている」という方も少なくないと思いますが、マスクを外した時、ドキッとしたことはありませんか?半年前の写真と比べると、顔のたるみが違うような気がする、なんて事も。

そこで今回は今すぐできる簡単なリフトアップ方法をいくつかご紹介します。たるみが定着する前に、早速トライしてみましょう!

1.耳周りのリンパを刺激

耳周りはたるみの原因となる老廃物を回収して流すリンパ管やリンパ節が集結する場所。耳をつかんだり、回したり、引っ張ったり、折りたたんだりなどのストレッチを行うと、顔周りの巡りが良くなり、老廃物が流れやすくなります。

 

2.口角結節を内側からほぐす

口角の横にある顔筋の始点終点が集まる口角結節(モダイオラス)をほぐします。右手の親指を口に入れ、左頬内側から口角結節をはさみ手を上下に揺らしながら30秒ほぐします。この部分が硬くなっていたら顔が下がりやすくなっているサインです。

 

3.舌出しエクササイズで美ラインを作る

姿勢を正して両ひじを横に張り、胸の前で手を合わせ、舌を思いっきり前に出してから上に持ち上げます。鏡を見ながら首の左右に筋が出るくらい舌を上げる動作を20回行うのが目安です。

 

4.「イ」「ウ」体操で顔の筋トレ

「イ」と発音するように口角を斜め上に引き上げたら、「ウ」と発音するように口をすぼめて前に伸ばす。「ウォーキングと同じように脂肪を燃焼させるにはある程度の時間が必要です。最初は1分、慣れてきたら10分を目標に。

 

5.眉毛を上げながらほぐす

指3本を眉にあて、少し強めの圧をかけてグッと持ち上げます。眉の筋肉がほぐれ、表情筋が上がりやすくなり、顔全体の印象が生き生きとなり、まぶたもたるみにくくなって目元の印象もアップします。