• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

マスク生活が日常化したことで、乾燥やニキビなど、今まで以上にトラブルに悩むヒトが急増しています。
今秋は、そんなマスク着用による肌トラブルを救うスキンケアで、ぜひ乗り切りましょう!

マスクを着用すると様々な肌トラブルが起きてしまうのはなぜ?

一般的に不織布マスクの場合、マスク内が蒸れやすいので、肌が潤っていると思いがちですが、それは錯覚です。
必要な水分や油分もマスクに奪われてしまっているので、マスクをはずした肌は一気に乾燥が進んでしまうのです。
また、毛穴に汗や皮脂がたまることで、部分的にニキビができてしまったり、肌に触れる部分は摩擦が起きてかゆみや炎症の発生につながったりします。
マスク内にガーゼを一枚入れてみる、肌に極力触れない立体構造のマスクに替えるなどの対策を取り入れてみましょう。
人混みに行かない時などは一時的にはずして、風に当てるだけでも、赤みが和らいだりする場合もあります。
さらにアイメイクに力を入れることで、目元にも負担が出てきたり、マスクで隠れている分、表情筋をあまり使わなくなって、たるみが加速することも。
また、環境の変化がストレスとなり、肌トラブルを加速させる場合も多いので、生活習慣や食生活を見直したり、整えていくことも大切です。

 

肌に優しいマスクの素材は何ですか?

不織布タイプは手軽で使いやすく、便利です。ただ、人によっては肌が擦れ、荒れることがあります。
一方、ガーゼなどの布素材は肌触りも優しく、洗って再使用できるという利点があります。
また、ガーゼ素材はアレルギーを起こしにくいともいわれています。
感染防止機能的には不織布の方が高いと言われていますが、高機能のガーゼタイプもあります。

マスクは紫外線をブロックできますか?

口元をマスクで隠しているからといって紫外線をブロックできるわけではありません。
マスクの素材にUVカットの素材が使われていたり、UV加工が施されていることが必要です。
なので、マスクの下もしっかりUV対策しておきましょう。

スキンケアの見直しを

長時間のマスク着用で、かなり肌に負担をかけているので、日常のスキンケアも見直した方が良いかもしれません。
おすすめのスキンケアは、洗顔→化粧水→保湿美容液。
クリームと乳液は使用せず、保湿は油分が多すぎないセラミドやヒアルロン酸配合の美容液がおすすめです。