• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

炎症老化とは?

そこから肌の水分量が低下し、乾燥を感じやすくなり、刺激に対して必要以上に過敏になるといった症状が表れます。
そして、肌の真皮層では、ハリや弾力の決め手となるコラーゲンやエラスチンが炎症の過程で壊されるため、軽度であれ、炎症はシワやたるみの原因になることがわかっています。
近年、「光老化」という言葉は一般的になってきましたが、「炎症老化」という言葉はご存知でしょうか?炎症を抑えること、つまり「抗炎症」は医学の分野でもトレンドのキーワードとなっていて、多くの専門家が、保湿する以前に「抗炎症」が必要であると主張しています。
なかでも肌の炎症においては、「慢性的な軽度の炎症」が問題視されており、皮膚炎の前段階の軽度な炎症は肌の老化を加速させます。
例えば肌がごわつくというのは、角層がスカスカになり、バリア機能が低下している状態。
そこから肌の水分量が低下し、乾燥を感じやすくなり、刺激に対して必要以上に過敏になるといった症状が表れます。
そして、肌の真皮層では、ハリや弾力の決め手となるコラーゲンやエラスチンが炎症の過程で壊されるため、軽度であれ、炎症はシワやたるみの原因になることがわかっています。

「誤作動の炎症」が肌老化の原因に

医学的に炎症には二面性があり、細菌による感染症など、異物を取り除こうとする働きも炎症のひとつです。
つまり、炎症は本来生体が身を守るための防御本能であり、必要な作用なのですが、必要のないときに誤作動で炎症が起きた場合は抑えなくてはなりません。
「必要な炎症」と「誤作動の炎症」は見極めが難しく、基本的には早めに抑えることを心がけたほうがよいといわれています。

 

内側からの炎症対策に

炎症を引き起こす原因は様々ですが、普通に日常生活を送る上では、なかなか避けて通れません。
特に昨今のような、頻繁に手洗いや除菌が必要な状況においては避けることも難しいと思います。
ただ、そういった状況下だからこそ、エーシェルをお飲みいただく事をおすすめします。
AC-11には、冊子「奇跡の成分AC-11」にも記載されているように、抗炎症作用を与える有用性が認められています。
ぜひ今後も「内側からの炎症対策」としてお役立ていただけたらと思います。