• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

日頃、どんなにスキンケアを心掛けていても、年齢を重ねるに従い、お肌には老化現象が表れてきます。ここでは、その主な原因をあげていきます。

紫外線による光老化

光老化とは慢性的な紫外線により色素沈着(しみ)やしわが生じる、太陽光線による加齢現象のことです。
肌に有害な紫外線は、肌の奥深い部分の「真皮」にまで到達します。
ほとんどの真皮はコラーゲンで構成され、その中にエラスチンが混在しています。コラーゲンもエラスチンも皮膚の弾力やツヤを保つ働きをしているのですが、紫外線はこれらの線維を破壊する酵素を増やしてしまいます。
するとコラーゲンは損傷し、エラスチンは線維が切断されてしまいます。
その結果、皮膚の弾力が失われ、シワやたるみの原因になります。
加齢による生理的な自然老化では弾力性の低下から皮膚は薄くなるのですが、光老化の場合、ごわごわした厚みのある皮膚となり、深いしわが形成されるのが特徴です。

活性酸素による「皮膚の酸化」

活性酸素とは、私たちが呼吸している大気中の酸素よりも活性化された酸素、およびその関連分子の総称で、不安定で、いろいろな物質と反応しやすい性質をもっています。
活性酸素は適量ならば、細菌やウイルスの撃退作用があり、体によい働きをするが、紫外線やストレスなど、何らかの原因で大量発生すると、体内の正常な細胞を傷つけてしまいます。つまり、多量の活性酸素による体内の酸化が原因でコラーゲンが硬くなったり、エラスチンが破壊されるため、ハリやツヤは失われ、シミ・シワなどの老化現象を生みだします。

皮膚の乾燥

肌に備わっている天然の保湿成分「皮脂」が加齢によって失われ、肌老化として現れます。
天然の保湿成分としては、皮脂のほか、「角質細胞間脂質」、「NMF(ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター」という主にアミノ酸で構成される保湿成分がありますが、20歳を過ぎるころから低下していきます。
とくに閉経後は皮脂量が若い頃の10分の1にまで減ります。これが乾燥の原因となり、引いては肌老化の原因となります。

皮膚の菲薄(ひはく)化

皮膚の菲薄化とは、皮膚が薄くなっていく現象のことです。
コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分の生成量低下が原因ですが、さらに女性ホルモンの低下も大きく影響します。更年期が来ると女性ホルモンは激しく低下していきますが、それがコラーゲンの減少に拍車をかけ、表皮全体が薄くなり、肌のハリツヤ、ふっくら感やもっちり感が失われていきます。

主に、このような原因で肌は老化していくのですが、どうしても避けることはできません。しかし、シミやシワ、たるみが起こる原因をしっかり押さえ、日ごろの対策を怠らなければ、予防・改善は十分可能です。