• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

日焼けは「光老化」の最大要因

紫外線はA波(UV-A)、B波(UV-B)、C波(UV-C)の3種類に分類されます。紫外線が肌に当たると、皮膚のたんぱく質が変質し、弾力性を保つコラーゲンを支えている「エラスチン」が破壊され、シワができたり、弾力性が失われたりします。そのため、日焼けは「光老化」といって、皮膚が老化する最も大きな原因と言われています。3種類の紫外線は、それぞれ皮膚へどのような影響を与えるのでしょうか。

 

 

A波(UV-A)

A波は皮膚の中間部である真皮まで浸透するため、肌の弾性を保つエラスチンを破壊し、皮膚のしなやかさや弾力を奪ってしまう上、A波が破壊した組織は元へ戻らないと考えられています。

B波(UV-B)

B波は、皮膚が赤く炎症を起こす日焼け「サン・バーン」を引き起こし、皮膚表面の細胞を破壊し、皮膚ガンや白内障の原因になると考えられています。紫外線は、当たった部分のDNA分子を不安定にさせるため、DNA配列を正しく行わせないようにします。

C波(UV-C)

紫外線の中で最も波長が短い光で、B波よりも有害です。オゾン層と酸素分子に遮断されるため、地上にはほとんど届きませんが、近年、フロンガスによるオゾン層の破壊によってC波が地上に届く量が徐々に増えてきています。

 

紫外線対策は体の中から

人の老化の約90%が紫外線による「光老化」だといわれており、紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生し、酸化が進行して肌の老化を促します。細胞が損傷を受けると、老化を早めるだけでなく、生活習慣病を引き起こすこともあります。つまり、紫外線対策は、皮膚表面だけでなく、光老化によって損傷した細胞を体の内側から修復することが何より大切なのです。

 

飲む日焼け止めでダメージを修復

体の中の紫外線対策に最も適しているのが、「飲む日焼け止め」です。飲む日焼け止めは、体の中から抗酸化力を補ったり、皮膚の免疫力を強化して、紫外線による全身のダメージを防いでくれるのです。