• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

腸が汚れていたらスキンケアも効果半減!

腸内環境が悪いと悪玉菌が増え、悪玉菌から出た有害物質が全身にめぐって、吹き出物やシミの原因に。
まずは腸をキレイにすることが美肌への第一歩です。
腸内環境が整えば肌も健康に保つことができるのです。

 

代謝を行う肝臓の状態が肌のツヤを左右する

顔の代謝が正常になることで肌のツヤが良くなります。
顔色が悪い時は肝臓が疲れているのかもしれません。
アルコールはほどほどにして暴飲暴食も控えましょう。

【代謝】
肝臓は代謝を司っている臓器。肝機能が低下すると、糖質やタンパク質脂質の代謝に影響する。

【解毒作用】
アルコールや薬剤などの有害物質を分解して排泄する。肝臓の調子が悪いと、この役割が果たせない。

 

1日2個の「たまご」で若さと美肌をキープ

実はたまごは美容効果が期待できるお手頃な食材。
完全栄養食といわれるほど栄養素が高いのです。
たまごに含まれる必須アミノ酸とメチオニンが
アンチエイジングに効果的といわれています。

【必須アミノ酸】
たまごには肌に潤いを与えるコラーゲンの元となる必須アミノ酸が豊富に含まれている。

【メチオニン】
メチオニンは体内で変化してSAMeという物質に。抗酸化作用を促す性質を持つ。

 

酸化をくい止めるビタミンACEと代謝促進のB6は必須

【ビタミンAが多い食材】レバー、うなぎ、にんじん


【ビタミンCが多い食材】緑黄色野菜、果物


【ビタミンEが多い食材】ナッツ、緑黄色野菜


【ビタミンB6が多い食材】赤身の魚、バナナ

抗酸化作用があるビタミンA、C、Eを含む食材をバランス良く食べるのが理想。
また、マグロやアジ、豚もも肉などに含まれるビタミンB6も組織の代謝を助け、肌荒れを防いでくれます。