• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

日焼けしてしまった肌は、軽くやけどした状態と同じです。
ひどい場合には腫れて炎症を起こしてしまう肌質の方もいるようです。
そこで日焼けした肌をなかったことにする日焼けアフターケア4ステップをご紹介!

 

【STEP1】「冷やす」

日焼けした肌というのは、肌の表面で炎症が起きている状態です。つまり軽いやけどのようなものなのです。
なので、まずは炎症を抑えるために冷やすことが必要です。
ただし氷などを直接当てると皮膚にダメージを与えることがあるので、タオルで包むなどして調節してください。
また冷却スプレーなどで冷やしたりするのもおすすめです。
もし、すでに水ぶくれになっていたり、頭痛、発熱、悪寒、吐き気などがある場合はすぐに病院へ行きましょう。

 

【STEP2】「保湿」

炎症状態の肌は水分が蒸発しやすく潤いを保ちにくい状態。
肌の赤み、ピリピリした感じが治まったら、まずは化粧水をたっぷりつけて水分補給をしましょう。
化粧水は普段使っているものでOKです。
化粧水の後は乳液やクリームなど、油分のベールでうるおいをしっかりフタをして閉じ込めましょう。
また、体の中も水分が不足している状態になっているので、十分な水分をたっぷりとることも大切です。

 

【STEP3】「美白」

黒くなった肌を元に戻すには、やはり美白ケアが必要です。メラニン抑制効果のあるトラネキサム酸などの美白成分を投入しましょう。
また、プラセンタやセラミド、ヒアルロン酸のような成分は保湿効果も高めてくれますので、美白ケアと同時に投入していくのがおすすめです。
なお、美白成分は刺激が強いので、炎症が治まってから使用するようにしてください。

 

【STEP4】「飲む」

そしてもちろん、抗炎症、メラニン抑制、潤い生成といえばAC-11です。
「冷やす」「保湿」「美白」、そして日焼け後ケアの仕上げとして、ACellをぜひお飲み下さい。