• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。

寒い毎日が続きますが、お肌の調子はいかがですか?乾燥した空気がさらに肌をかさかさにさせる今の時期は細心の注意が必要です。
特に「くすみ」。冬の肌のくすみは、「冷え」による血行不良も原因の1つとなりやすいようです。

血液の流れが悪いと、顔色も悪くなり、どんよりとくすんで見えてしまうことにもなりかねません。さらにターンオーバーがしっかりでないと、たまった老廃物もきちんと排出できない、クマができたようになるなど、肌の透明感を損なう大きな原因になってしまうんですね。

お肌のターンオーバーの正常化させることで、くすみを防ぐのはもちろんですが、血行を良くすることも冬のくすみ対策においては重要な事なのです。

そこで血行不良を改善するための方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

血行不良を改善に必要とされる食べ物

・玉ねぎ
血流を促す食べ物、といってまず挙げたいのは玉ねぎです。辛み&香り成分が血液の凝固を防いで、サラサラとした血液作りに役立つといわれます。できれば玉ねぎは生のままで食べると、成分を余すことなく摂ることができます。

・にんじん
にんじんに含まれるβカロチンは活性酸素から血液を守ってくれて、血液の汚れを防いでくれます。ビタミンEは抹消の血管を拡げてくれるので、全身に血液がめぐるように作用します。
またβカロチンとともにビタミンEを共に含んでおり、血流促進におすすめです。

・納豆
納豆に特有の「ナットウキナーゼ」は、血液中の血栓を溶かしたり、血栓ができないように働く貴重な成分です。付属のタレや醤油を入れると、塩分の摂り過ぎにつながるおそれもあるので、薄い味付けにして食べるとよいでしょう。

・生姜
生姜に含まれるジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールには、血流を改善する作用が期待されています。

血行不良を改善に必要とされる栄養素

・ビタミンA

肌(皮膚・粘膜等)の健康を維持するのに必要です。

・ビタミンB

・抗酸化作用が重要。皮膚や細胞の成長を促します。

・ビタミンC

活性酸素を取り除きます。肌の健康維持には不可欠で、特にメラニンの沈着を抑える働きがあります。

・ビタミンE

Bと同じく抗酸化作用があり、また血液のドロドロを解消します。血の巡りを良くするのに有効です。

・鉄分

「血行不良」は血液の巡りの問題です。鉄分は血液の中にある栄養素として重要で、酸素を隅々まで行き渡らせるのに必要です。

・DHA

よく聞かれるDHA(魚などに多く含まれる)は血液をさらさらにして血の巡りを良くします。

お風呂で体を温めて血行不良を改善

毎日きちんと湯船に浸かって体を温めることは血行不良を改善するためにはとても有効です。
湯船に浸かると、血行不良が改善できるのはもちろん、ストレス緩和も期待できます。
疲れやストレスを解消するバスタイム、特に寒い夜には必ず湯船に入ることは、くすみを防ぐための有効な手段なのです。

マッサージをして血行を促す

この時期は、朝のメイク前や夜のスキンケア時には、マッサージを取り入れるもおすすめです。

両手の人差し指から薬指までの3本を使って、耳たぶの下のくぼんでいる部分を軽く押します。軽く痛みを感じるところを見つけたら、そこから首の横を通って指を鎖骨までおろします。最後に、鎖骨に沿って外側から内側へ向かってなでさするようにすればOKです。

また、オフィスでの肌のくすみが気になるという場合には、肩回しや首回し、耳のマッサージなどを行うのがおすすめです。血行の滞りを解消することを心がけましょう。