• Andyou.株式会社の活動状況や最新情報をお届けします。
お店でショッピングをしていて、ふと何気なく鏡に映った自分の顔を見て「あれっ?私、こんなに老けてたっけ!?」って思ったことはありませんか?
今はスマホのカメラも色んな加工ができて、とてもキレイに撮ってくれます。
でも、鏡は正直。特にショップの上からの強いライトは、ほうれい線をクッキリ浮かび上がらせます。
お肌はいつもしっかりお手入れしているのに・・・そんな方でも、実は何気ない日常の習慣が老け顔を作っているのかもしれません。

そうならないためにも、どういった習慣が老け顔を作るのかを確認、意識して老け顔を予防しましょう。

 

「夜寝る時間が遅い、いつも睡眠が足りていない」

美容ホルモンである成長ホルモンは、22時〜2時の間に最も分泌されると言われています。
このお肌のゴールデンタイムに寝ていないと、成長ホルモンが十分に分泌されないため、ターンオーバーを妨げてしまったり、肌のキメの荒さを作ってしまうことにもなりかねません。
また、睡眠不足も肌荒れや肌老化への原因となり得ます。

睡眠不足が原因のストレスにより自律神経系の交感神経が刺激され、男性ホルモンの分泌量が増加します。男性ホルモンには皮脂の過剰分泌や、角質の柔軟性を失い角栓の詰まりを誘発する作用があるため、皮脂の過剰分泌によるバリア機能の低下や、肌荒れの原因となるのです。

 

「化粧を落とさずに寝る」

飲み会でついお酒を飲みすぎてしまって、気がついたら、ソファーでそのまま眠ってしまっていた、仕事が残業で遅くなって、疲れてお化粧を落とす気力がなくてそのまま寝てしまった・・・そんな経験、ありませんか?
肌につけた化粧品は昼間の紫外線や大気のほこりなどで酸化してしまいます。皮脂も分泌さ れていますからそれが皮膚の表面をおおい、皮膚の新ターンーバーがうまくいきません。皮膚表面のキメが粗くなりシミ、シワやくすみの原因になります。翌日も肌は回復しないまま になっています。これを繰り返せは老け顔になりやすくなります。
疲れていても、必ずメイクは落として寝る、この習慣が老け顔を予防するための習慣なのです。

 

「1日中スマホを使う」

今の時代、スマホは手放せない存在です。ともすれば、お風呂の中でもスマホを使ってる方もいらっしゃるようで・・。
ですが、スマホは老け顔を作ってしまう要因を2つも持っているんです。
1つめはスマホを見る時の角度。ずっと斜め下を向いているので、当然重力によって頬は垂れ下がり、首にシワもよっているはず。
そんな状態を長時間続けていれば、当然、たるんだブルドッグ顔を作ってしまうわけですね。
もう一つはスマホからでるブルーライトも美肌の大敵、睡眠障害の原因になり、睡眠不足を起こしてしまいます。

 

近所であればノーメイクで外出する

ちょっと近くまで外出や、コンビニであればついスッピンで外出していませんか? ちょっとした時間でも紫外線は容赦なくあなたの肌を攻撃してきます。
特に夏の紫外線が強い時期であればなおさらです。肌のシミ、シワは紫外線によるものが最も大きいのです。たとえ近くでも日焼け止めは使って老け顔 を防止しましょう。

 

「お酒を毎晩たくさん飲む」

適量のアルコールはストレス解消にも良いのですが、毎日飲みすぎていると肝臓に負担を与え 代謝が衰えます。睡眠の質も下がります。飲みすぎた翌日は顔のむくみや疲れが残っていると思 います。内側からの影響は肌にも現れシワ、赤ら顔、たるみなどで老け顔を作ってしまいます。
女性ホルモンはアルコールの分解をじゃまするので女性のほうがアルコールの影響を受けやす いのです。
できれば、毎晩飲む場合はちょっと控えめに、量を飲むのであれば飲む機会を減らす、といった心がけが老け顔を予防するのです。